WHAT'S NEW|新着情報

HOME > WHAT'S NEW

ニュース&トピックス

GLENMORANGE WINTER [NEWS] …2022/03/04
46%

毎年恒例のグレンモーレンジリミテッドエディションから今年も入荷しました。

ある雪の日、外の寒さを忘れるような暖かい暖炉の前に座っていたグレンモーレンジの最高蒸留製造責任者のビル博士は、「この心地よいひとときをウイスキーで表現できたら」と考えました。
そこで誕生したのが今回のボトル「ウィンター」。
シチリア島の酒精強化ワインのマルサラ樽を使用し13年間熟成されています。

まだまだ寒い日が続きますので、そんな日に是非甘口のウイスキー「ウィンター」を手に、ビル博士の気持ちを思い浮かべながらお楽しみください。

BRUICHLADDICH 2012 ORGANIC BARLEY THE AULD ALLIANCE [NEWS] …2022/03/01
57.1%

またまたオールドアライアンスの10周年記念ボトルのご紹介です。

今回のボトルはスコッチウイスキー。
蒸留所はアイラ島のブルイックラディです。

今回のオーガニックバーレイですが、数多くあるスコッチウイスキーの中でオーガニックウイスキーが造られているのはたったの3蒸留所しかありません。
ベンロマック・ディーンストーンそしてブルイックラディです。

ブルイックラディ蒸留所といえば、ノンピートのブルイックラディ、ヘビーピートのポートシャーロット、超ヘビーピートのオクトモアと様々なラインナップがありますが、今回のオーガニックは定番のノンピートモルトです。

オフィシャルのブルイックラディのオーガニックも入手困難となってますので、お好きな方は是非お試しください。

GROSPERRIN COGNAC BORDERIES 1965 THE AULD ALLIANCE [NEWS] …2022/02/28
56.8%

先日ご紹介したアルマニャックに引き続きオールドアライアンスの10周年記念ボトルのコニャックのご紹介です。

今回のボトルも前回のアルマニャックと同様にグロッペリン氏によるものです。
前回オールドアライアンスについてはご紹介させていただいたので、今回はグロッペリン氏についてご紹介したいと思います。


グロッペリン氏は元々は生産者との仲介役のような存在でしたが、地元シャラントで卓越したコニャック原酒が眠っていることに気が付き、それらの価値を理解してくれる人達に届けたいという想いから、自ら原酒を買い付け始め、今のネゴシアンとしての地位を築き上げました。

そんなグロッペリン氏とオールドアライアンスが今回セレクトしたコニャックはボルドリー地区の1965年の原酒。
希少なボトルですので、是非お試しください。

GROSPERRIN BAS ARMAGNAC 1972 THE AULD ALLIANCE [NEWS] …2022/02/26
世界的に有名なシンガポールのバー「ザ・オールドアライアンス」からブランデーの入荷です。

オールドアライアンスとは東南アジア最大規模のボトルセレクションを誇る世界的な有名なバーです。
今ではウイスキーやブランデーなど様々なお酒をセレクトしてボトリングするなど、バーという枠を超えて様々な活動をしています。

そんなオールドアライアンスが今回セレクトしたのはグロッペリン社の1972年ヴィンテージの約半世紀熟成された希少なアルマニャック。

個人的な感想ですが、オールドアライアンスがセレクトしたボトルはどのボトルもいつも衝撃を受けてます。
流通本数もかなり少ないので、ハードリカー好きな方は是非お試しください。

NEW GROVE EMOTION 1969 [NEWS] …2022/02/22
モーリシャス島の人気ラム「ニューグローブ」から希少な1本を入荷しました。
1969年からウイスキーの古樽で熟成された原酒と様々な原酒をブレンドし2018年に瓶詰された「ニューグローブエモーション」。
ニューグローブの人気を底上げした、インターナショナルスピリッツ・アワードで最高金賞を受賞したのもこの「エモーション」です。

お酒の種類を問わずに古いヴィンテージのものを飲むことが難しくなってきている中、1960年代のお酒が飲める希少な機会です。
コスパよしの1本となっておりますので、是非ご注文ください。

前の5件 次の5件